男女のすれ違いが発生する原因!?性欲のピークを迎える時期が男性と女性でズレている理由!

以前は「毎日だってセックス&オナニーしまくれるぜ!」と思っていたのに、だんだんと年齢を重ねていくうちに「さすがに毎日は無理だな……」と性欲の減退を意識し始める男性は多いのではないでしょうか。

 

特に彼女や奥さんがいる場合は「自分は乗り気じゃないのに、パートナーが毎日のようにセックスを求めてくる」という状況に陥ってしまい、その気になれずに断り続けているうちにセックスレス状態、そしてあえなく別れてしまう……なんて悲劇が起こることもあります。

 

なぜこのような悲劇が起こるのかと言うと、男性と女性の間で性欲のピークを迎える時期がズレているのが原因なのです!

 

それでは具体的に男性と女性はそれぞれどのくらいの時期に性欲のピークを迎えるのか、そもそも男女間での性欲の違いにはどのようなものがあるのかについて、ご紹介していきます。

「男性は早め」で「女性は遅め」に迎える性欲のピーク

結論から言いますと、男性の性欲のピークは通常「10代~20代」、女性の性欲のピークは「20代~40歳頃」と言われています。

 

時期的に見ても、期間的に見ても、かなりの差がありますよね。

 

それではなぜ、このような性欲のピークの差が生まれてくるのかというと、ポイントは男性と女性の身体の仕組みの違いにあるのです。

男性の性欲のピークが10代~20代である理由

男性は、思春期を迎えて男性ホルモンの分泌量が増えることで、身体が子どもから大人へと変化していきます。

 

具体的には声が低くなり、ヒゲなどの体毛が濃くなるわけですが、同時に性器も発達し、精子の生産も始まるわけですね。

 

そのため、男性は思春期が始まると同時にどんどん性欲が高まっていく存在であり、20代で完全に大人の身体へと変化が終わるタイミングが、もっとも性欲が強くなる時期となっているのです。

 

そういった理由もあって男性は女性よりも若いうちから「性」に対する興味が強くなるので、10代~20代が「ヤリたい盛り」のおサルさん状態になるわけですね。

 

一方で思春期を終えて完全に男性の身体が完成すると、男性ホルモンの分泌量は少しずつ減少していきます。

 

男性ホルモンは30代、40代、50代と年齢を重ねるごとにどんどん減少していくので、それに合わせて男性の性欲も減少していき、さらに精子の生産量も少なくなっていくので、セックスに対する熱意も少なくなっていくのです。

女性の性欲のピークが20代~40歳頃である理由

一方の女性ホルモンは、男性ホルモンとは違って生まれたときから働き始めるわけではなく、10歳前後からようやく働き始めるとされています。

 

スタートが遅いためか、女性ホルモンの分泌ピークは20代以降と言われていて、分泌は40歳頃まで続きます。

 

そのため、女性の性欲のピークもこの女性ホルモンの分泌に合わせて20代~40歳頃と言われているのです。

 

これは女性の妊娠・出産の適齢期に合わせてのことだと推測されています。

 

自分の身体がしっかりと成熟し、妊娠・出産が負担にならない時期に合わせて女性の性欲のピークが訪れているわけですね。

男性と女性にとっての「性欲」にはどのような違いが存在している?

そもそも、男性と女性にとって、それぞれ「性欲」に違いが存在しています。

 

人間には「食欲」「睡眠欲」「性欲」の3大欲求が存在している、とはよく言われることなのでご存じの人も多いでしょう。

 

男性にとって、この3大欲求はすべて先天的に持っている「一時的欲求」であり、同等の高い優先順位を持っています。

 

一方、女性は「食欲」「睡眠欲」は男性と同じく「一時的欲求」ですが、最後の「性欲」は後天的な「二次的欲求」であり、他の2つに比べて優先順位が低く設定されているのです。

 

そのため一般的には男性の方が、女性よりもセックスをしたがる傾向があるわけですね。

 

男性にとって「性欲」は生きるためのエネルギーと密接に関係しているため、性欲の強い男性の特長としては「仕事をバリバリこなす」「好奇心旺盛で行動力がある」など、エネルギッシュな面が挙げられることが多くなっています。

 

そのため年齢を重ねて精神的にも肉体的にも落ち着いてくると、ギラギラした性欲もだんだんと落ち着いてくる傾向があるのです。

 

女性にとって「性欲」は、そもそもの優先度が低いことに加えて、性に目覚める10代の頃は「セックスに対する恐怖や不安」を抱いてしまう傾向があるため、自然と発揮されるものではありません。

 

若い女性がセックスをしても「気持ち良くないので、あまり好きではない」ということになってしまい、性欲があまり強く発揮されないのです。

 

何度かセックスを経験して「セックスは気持ちが良いから、好き」という意識が目覚めることで、少しずつ性欲が強くなっていくわけです。

 

これは最初から簡単に快感を得ることができる男性と、慣れないうちはセックスでの快感をなかなか得られない女性の身体の仕組みの違いからくる、性欲のピークがズレる原因と思われます。

 

女性は若いうちに同年代の男性とセックスをしても、男性の経験不足、テクニック不足でセックスで気持ち良くなる機会があまりありません。

 

特に女性がオーガズムを迎えるのは、セックスの気持ち良さを覚え始めてからもなかなか難しいことなので、さらに女性がセックスの快感に目覚めるのは遅くなってしまうのです。

 

「年上の男性とセックスして初めて気持ち良くなって、それからセックスが好きになった」という女性や「セックスするなら、テクニックがあるおじさんが好き」という女性が意外と数多く存在するのも、これが1つの原因なのかもしれませんね。

性欲ピークのズレを理解してお互いが満足できる性生活を送ろう!

男性は早めに性欲のピークを迎え、その後はどんどんと性欲が弱まっていくのに対し、女性の性欲のピークは性感の開発と共にゆっくりと高まっていく傾向があります。

 

また男性の性欲はピークを迎えた後で急速に弱まっていくのに対し、女性の性欲はピークを迎えた後もゆっくりと減退していきます。

 

そのため、年齢が近いカップルや夫婦の場合、女性がセックスの快感に目覚めて性欲が高まった年齢になってパートナーを誘っても、男性はもう性欲が減退しつつあるのでその誘いに応えることができず、性生活の不一致が発生してしまうのです。

 

そのため女性によっては、自分の性欲を満たしてくれる男性、特に性欲ギンギンの若い男と不倫してしまう、なんてことになるわけですね。

 

一方の男性も、乗り気ではないのに毎晩のように求めてくるパートナーにうんざりしてしまい、まだ性欲がそれほど強すぎない若い女の子と浮気してしまう……そんな可能性もゼロではないのです。

 

もちろんこれらの性欲のピークを迎える年代や、性欲が減退していくスピードについては個人差があります。

 

持って生まれた素質や、健康状態などの違いによって、40代、50代になっても性欲絶倫、という男性もいますし、若いうちからセックスが大好きな女性、年齢を重ねてもセックスに興味を持てないままの女性もいることには何の不思議もありません。

 

しかしもし、あなたがパートナーとの間に性欲のズレを感じているのであれば、それが問題にならないうちにちゃんと話をしてみることが重要になります。

 

急に求められて応えられないからお互いに不満が生まれるわけですから「毎週○曜日はセックスする」「毎月○日はセックスする」など、お互いにちゃんと準備をして満足できるような日を作ると良いでしょう。

 

もちろんあまりガチガチに、厳密に決め過ぎてしまうとそれがストレスになってしまうこともあるので、あくまでも目安程度にしておくべき。

 

どちらにせよ、性の不一致を放置して破局するよりは、しっかりとお互いに話をして自分もパートナーも満足できる性生活を送った方が、幸せだと心得ておいてくださいね!

 

Posted by aki